機能

FUNCTION

PR Analyzerなら、多様な機能でデータドリブンな広報活動を実現します。

国内で唯一、テレビ・新聞・雑誌・
Web・Twitter・SNS波及をすべて網羅

テレビ、新聞、雑誌、Webサイト合計7,000以上の媒体に加え、Twitterの言及数と口コミ内容、Web記事のSNS波及を網羅して
効果測定を実施します。

【国内初】掲載件数・広告換算費に加え
リーチ数を自動算出

従来の掲載件数・広告換算費に加えて全媒体で記事・番組ごとのリーチ数(※)を自動で算出します。Webサイトデータや問合せ数など多様なデータを組み合わせることで広報・PRの効果を精緻に測定できます。

※TV・新聞・雑誌・Web記事のリーチ数算出技術の特許取得済。
 特許番号:特許 第6711870号

タグ自動付与で記事の分類・集計作業を効率化。さらに、PRの「質」の評価に役立つ指標も充実

プレスリリース等の施策別やテーマごとにタグを付けられる内容分類機能をはじめ、重点媒体の判定やSNS波及数の測定など、掲載記事の「質」を可視化する指標も。効果測定の幅が広がります。

複数ブランドをクリッピング
競合比較も可能

ブランド名を複数設定し、社内の複数ブランドの露出を分けて管理したり、競合の露出状況も把握できます。また、競合と比較した自社の強み・弱みを、広報において重要な複数指標でスコア化します。

これまでになかった4マスメディアとTwitterの情報波及分析

TV・新聞・雑誌・Webの4マスメディア露出とツイート数の相関性や、ツイートの内容・投稿者分析を実現しました。デジタル・SNS時代におけるPR活動の成果を定量的に把握することができます。

レポートを効率化する
分かりやすいダッシュボード

ダッシュボードでは、各指標を分かりやすいグラフで確認できます。リリースや発表会などプロジェクトごとに掲載成果を整理できるほか、期間比較などの機能も充実しています。導入企業の9割以上が、その機能とデザインに「満足」と評価しています。

※PR Analyzer ユーザー満足度調査(2020年10月実施)

充実の機能でPRの効果測定をより速く、便利に

  • 媒体名や切り口で検索

    媒体名や切り口で検索

    掲載記事は「収集ワード・媒体名/番組名・コーナー名/記事タイトル」を条件に検索、確認が可能。

  • レポート自動生成

    レポート自動生成

    PDF・CSV・Excel形式のレポート自動生成機能で、クリッピングからレポート作成まで一元管理。

  • AIによる自動判定

    AIによる自動判定

    記事の内容が好意的・否定的かをAI(人口知能)により自動で判定。目視での判別の手間を削減。

  • 転載のグルーピング

    転載のグルーピング

    転載記事を自動判別し、転載元記事のデータに集約。手動による分類・データ集計が不要に。

  • 波及元記事の特定

    波及元記事の特定

    複数のメディアへの波及元となった記事を自動で特定。波及のスピーディーな要因分析が可能に。

  • メール&チャット通知

    メール&チャット通知

    クリッピング結果のサマリーと速報をメールやビジネスチャットで通知、掲載状況を素早く把握。

  • 過去の掲載もクリッピング

    過去の掲載もクリッピング

    過去1年分まで遡ってクリッピング可能。過去の掲載も分析に活用。(新聞・雑誌は対象外、有料オプション)

  • 外部データ連携

    外部データ連携

    取得したデータのBIツール連携のご相談が可能。Web・POSデータと照合し、相関分析への利用も。