INTERVIEW

複数指標のデータ算出を自動化し、戦略的な広報活動へつなげたい
株式会社 北の達人コーポレーション
「PR Analyzer」導入インタビュー

株式会社 北の達人コーポレーション 広報
「おもしろい」をカタチにして、世の中をカイテキにする達人集団として、化粧品や健康食品を企画開発・提供する株式会社北の達人コーポレーション。約800項目の品質チェックをクリアした高品質・高満足度を実現する商品を企画開発し、販売戦略、サイト運営までを一貫して行うことで、東証上場(プライム)を果たしたD2Cベンチャー企業。

「おもしろい」をカタチにして、世の中をカイテキにする達人集団として自社ブランドの北の快適工房を展開されている株式会社北の達人コーポレーション。2021年より、広報部門でPR Analyzerをご活用いただいています。

今回は、広報部門の幡野さんに、広報活動の様子やPR Analyzerの活用方法、その効果について伺いました。

PR Analyzer導入による効果、
導入前の課題は?

PR Analyzerの導入効果を教えてください。

メディアの掲載について、網羅性高く自動的にクリッピングして掲載の確認ができる点に効果を感じています。掲載を人力で探す工数が削減され、また、漏れなく掲載をクリッピングできるようになりました。

 

撮影商品のお貸し出しや画像提供のご依頼など、事前に連絡をいただく場合の確認漏れは起きにくいのですが、お手持ちの商品を撮影いただいて掲載につながる場合など、事前連絡なしで掲載いただくこともあり、PR Analyzerで自動的に記事をクリッピング、確認できる点が役立っています。

 

また、クリッピングだけでなくデータの算出も役立っています。導入前は自社の掲載を追うことしかできていませんでしたが、PR Analyzerはクリッピングした掲載毎に広告換算やリーチ数等の複数のデータが自動で算出されるので、手間なくPRの効果指標を幅広く確認できるようになりました。

 

効果を感じている中で、特にここが役に立っているという指標や機能はありますか?

メディアでの掲載について、メディア側にアプローチしたタイミングですぐに記事化すればスムーズに確認できますが、多くの場合は記事化までタイムラグがあります。そのような状況で、掲載をすべて人力で検索して漏れなく掲載を確認するのは工数の負担が大きく、PR Analyzerで自動化できて助かっています。

 

指標については、リーチ数の活用を検討しています。元々、社内的にも広告換算を広報活動の指標にすることを疑問視していました。掲載の結果として広告換算が積みあがっても、売上との関連性が導きにくく、また広告費を重要視しているわけでもなかったためです。
今後は、リーチ数を活用し「どれだけの生活者に届いたか」を基準に、広報活動の参考にしていきたいです。

 

また、競合他社のデータを確認できる点も参考になっています。競合が掲載しているメディア傾向を掴んだり、今まで知らなかったリーチの多い媒体の情報が得ることができ、自社でアプローチするメディアや記者を検討する上で参考になります。さらに、ダッシュボード上のグラフで競合他社と簡単に比較でき、差異を可視化できる点も役立っています。

クリッピングに加え、複数指標のデータ算出や分析ができることが導入の決め手に

PR Analyzer導入を決めたポイントを教えてください。

広報活動の改善に取り組む上で、クリッピングに加え、複数のデータが自動で算出され活用できる点が導入の決め手になりました。クリッピングができるツールは他にもありますが、PR Analyzerはクリッピングした後のデータ算出や分析まで対応できるため、広報活動や戦略の改善に活かすイメージを持つことができました

 

また、広報部門が立ち上がって間もないこともあり、競合他社の掲載内容を参考にしたいという要望がありました。自社と同じように競合もクリッピングからデータ算出まで対応できる、PR Analyzerの競合分析機能も魅力的に感じ導入を決めました。

 

PR Analyzer導入前の課題について教えてください。

広報として、そもそもの「評価ポイントをどこに設定すべきなのか。」という課題がありました。認知度調査を評価ポイントにすることも考えましたが、認知度は変化が徐々にあらわれる傾向があり、短期的に広報活動の改善の参考にすることは難しいと感じていました。

 

また、人力でWeb検索をして掲載を確認していくことも、時間と労力の点で現実的でないと感じ課題でした。

 

PR Analyzerのサポートはいかがでしょうか。

導入前後を問わず、電話・メールで丁寧にサポートをしていただけて助かっています。導入直後は、不明点が多く設定や使い方に慣れるのにどうしても苦労するものですが、手厚くフォローをしていただけました。

 

また、商品PRの観点から、記事の中で株価関連や、代表の外部登壇関連の記事を省きたいという要望についても、細かな除外ワードの設定やタグ機能で分類する方法を教えていただき、スムーズに実現することができました。

データを元に重要度の高い施策を見きわめ、より多くの認知獲得につなげていきたい

現在注力されている活動、また、今後実現していきたいことについて教えてください。

広報部門が本格的に立ち上がって約1年を迎える中で、引き続き事業に貢献する広報を実現するための基礎を固めることに注力しています。主な業務であるメディア対応では、人的リソースに制限がある中で、データを元に効果的な施策を取捨選択することでより多くの掲載につなげることを目指しています。

 

会社が転換期を迎え、マスマーケットで支持される商品も開発・展開する新たなチャレンジに取り組んでいます。従来は限られた方に高くご満足をいただける商品を届ける、ニッチトップ戦略のみだったこともあり、会社やブランドの認知獲得はそこまで重要視されていませんでした。ただ、今後は当社が最も得意とするニッチマーケット商品のみならず、どこも手がけない商品をより多くの方に届けるために、広報活動を通して会社全体の認知を高めていく取り組みを強化していきたいと考えています。

PR Analyzerのお問い合わせはこちらから

PR Analyzerに興味を持たれましたら、是非こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたご提案をいたします。